海賊版でマンガが危ない!

ABJマークのついているサービスで読もう!

ABJ

ABJマークって「なんの略」?
Authorized Books of Japan=公認された日本の本」、つまり「正規の出版物」という意味です。

ABJマークって「なに」?
電子書店等を利用して電子出版物を楽しんでいる読者に対し、そのサービスが、クリエイターからきちんと許諾を受けて配信している正規のサービスであることを示すマークです(でも、正規のサービス全部についているわけではありません。これから、どんどん増えていきます)。

「どうして」、今、ABJマークなの?
残念なことにネット上には、いわゆる「海賊版」(クリエイターから許諾を得ずに、勝手にアップしている違法な電子出版物)があふれています。しかも、正規のサービスと見分けがつかない海賊版サイトも出現しています。一目で正規版サービスであることがわかるマーク、それがABJマークです。電子書店をはじめとする各サービスの目につくところ、おもにトップページに掲示されています。

ABJマークは「安心のマーク」
このマークがあるサービスで読めば、安心です。海賊版サイトと知らずにアクセスすると、ウィルスやフィッシング詐欺、強制マイニングなどの危険にさらされる可能性があります。また、正規版で読んでいただくことによって、そこからクリエイターに対価が支払われ、新しい次の作品を生み出す力になります。海賊版サイトは、クリエイターに何の利益ももたらしません。運営者が不当に儲けるだけです。

ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちらで確認できます
ABJマークの掲示を検討中の事業者のみなさまはこちらへ

深刻な海賊版の被害はこちら
第1弾「マンガが危ない!」はこちら
第2弾「海賊版でアナタも危ない!」はこちら
あのキャラがABJマークとコラボ! 全ビジュアルはこちら
このABJマークは、デジタルコミック協議会及び一般社団法人日本電子書籍出版社協会によって設立された正規版マーク事業組合が制定し、一般社団法人電子出版制作・流通協議会が事業組合から委託され管理・運用する登録商標(登録番号 第6091713号)です。
Tweet
ページトップへ